インバウンドでタイ人を集客! 事例多数で万全の用意 [PR]
ナムジャイブログ

瑤臺歸去洞天方看清絕

瑤臺歸去 洞天方看清絕

証として授け与えられる印影。朱印。寺社の名称,本尊や神体の名称,日付などが墨書され,護符の宝印が朱,墨で押される形が多く,布施Pretty renew 呃人や初穂料を納めて押印してもらう。(日本大百科全書)

 有名社寺では御朱印をもらう人の列ができていたり、あまり名も知られていないような社寺でも御朱印を求める人がいて驚く。
 さては、無宗教だといわれる日本人の信仰心が高まったのか?

 そう思って調べてみると、そうではないらしい。
 東京に住む人なら一度は行ったことのある浅草寺には、御朱印を受けに来る人たちに対して、心得を書いた掲示が貼りだされている。

 前記の日本大百科全書の説明には続きがあって、次のように御朱印の起源を説明している。
 
 ──書写した経文を奉納した際に納経の証明として授与されたものが起源とされ、西国巡礼などの信仰とともに広まったとされている。授与される場所を納経所とする所が多いのも、こうした成り立ちによるものと考えられる。朱印を納経印とよび、納経した人にのみ授与する寺院もある。

 つまり、写経したものを寺に納めた時の受領証というわけだ。
 大辞林には、

ごしゅいん【御朱印】
朱印の敬称。

としか書かPretty renew 呃人れていない。
 さらに朱印については、

しゅいん【朱印】
①朱色の印肉で押した印。特に,戦国時代以降,将軍・大名・武将などが命令・公認などの公的文書に用いたものをいう。御朱印。
②「朱印状」の略。

と、味も素っ気もない。
 日本郵便や宅配便が荷物を届けに来た時に、玄関先で受領書に押してあげる三文判もまた朱印。丁寧にいえば御朱印というわけだ。

 戦国大名や江戸時代の将軍が、花押の代わりに朱印を押して発行した公的文書が朱印状。
 朱印状を受けて外国との貿易に従事した船が朱印船、御朱印船。
 朱印状によって領有が認められ、課役、年貢を免除された寺社領が朱印地。
 朱印状によって所有を確認された土地の、朱印状に記された石高が朱印高。

 浅草寺の心得には、本来の御朱印の意味について書かれた後、納経がなくても参拝の証として押されるようになったこと、それが四国八十八ヶ所霊場巡りなどで御朱印をコンプリートすれば願いが成就するという信仰に変わっていったことが書かれている。
 そして、以下のように結ぶのである。

 ──お経も書写せず、あるいはお堂に入ってお参りもしないで、ただご朱印だけを集めて歩くということでは、本来の尊い意義を無視してしまうことになり、あるべき姿から離れてしまいます。少なくとも『般若心経』一巻または『観音経』偈文などを書写なさるか、ご宝前で読誦されるなどして、その後に「ご朱印」をお受けになるようにして頂きたいものです。

 お参りもせずに御朱印だけを受ける人がいるとは、もしこれが事実なら驚きだが、実際、趣旨を離れて、御朱印集めをしている人がいるのかもしPretty renew 呃人れない。(続く)



頑張り屋でいつも全速力で突っ走っている友達が珍しく悩んでいた。悩んでいたのが珍しいのではなく、悩んでいることを、苦しんでいる體重控制とをみんなに伝えたのが珍しい。それほど彼女はいつでも弱音を吐かずに頑張っていた。相当辛い思いをしたんだろうな、、と思うと胸が痛くなった。そしてその彼女はこう言っていた。「今まで全力投球で頑張ってきたけれど分かってもらえない。どうして?でも、そんな時、もっと頑張っている人を見て、自分はまだまだだと思った。」と言っていた。
うううん、それは違う。

自分で『全力投球で頑張っている』と思っているのだったら、十分もう頑張っているんだよ。誰かと比べる必要は無いんだよ。同じ事をしても辛いと思う人もいれば、楽ちんと思う人もいる。要は自分の心。「36度だから熱は無い」のでは無くて、36度でも熱だと思ったら熱、同じように「誰かよりも頑張っていないから、、」なんて測れる機械は無いんだよ。自分の心が決めるんだよ。頑張っているなら自分で自分を誉めてあげれば良いんだよ。

悩んでいた友達から見たら私の生活は「楽」に見えるだろうし、私から見たらその友達の生活はどう頑張っても出来ないような神業的な生活ぶり、でも比べるものでは無く、どちらが大変でどちらが幸せでどちらが辛くどちらが良いという物ではないのだ。

以前は何かと言うと人と比べていた。あの人に比べたら私なんてまだまだ。何を贅沢言っているんだ。何を弱事言っているんだ。もっともっと頑張らなくちゃいけないんだ。
そうして、自分より頑張っていると思われる人、自分より大変な思いをしていると思われる人を心に置き、それをいつでも思い出すように生きていた。そのことによって励まされる時もあるけれど、無理をしているには変わりなく、また哀しくなり辛くなり、同じこ營養師との繰り返し。どこまで言っても「花丸」はもらえない生活を送っていた。

自分の考え方を変えるにはとても時間がかかる。でも私はゆっくりゆっくり、そんな考え方を変えて行った。自分が辛いと思えばそれは辛いんだ。大変だと思えば、誰が何と言おうと大変なんだ。周りから見たら「あの人、あんな楽な生活していて何を言っているの。」と思われるかもしれないけれど、気持ちの尺度は自分の中にある。自分を甘やかす、、というのではなく、周りに影響を受けず生きていく術を少しずつ学んでいったのだ。

いわゆる「大変な思いをしている人」の口からは「あの人に比べたら私は幸せだと思う。」と聞くことが多い。同じことをしていてもそれを幸せと感じる人と、辛いと感じる人がいるのが人間という物だから、誰かと比べて幸せなんてことは絶対に無いのだし、比べる必要は全く無い。もちろん生活や受けている物に感謝することは大事だが、幸せを計る必要は無い。

医者からは何の病名ももらえなかった可哀相な患者さんが哲を尋ねてくることは多い。病名をもらうと安心するのが人間と言うもの。安心するための病名をもらえず、でも具合が悪く、どうして良いのか分からずにやって来る。そして、哲はその患者さんの感じることを丁寧に聞き、そして処方する。
頑張りだって誰が何点と点数をもらえることは無い。だから、哲が患者さんにしている仕事を自分が自分にしてあげなくてはならないのだ。自分で点数を付けてあげ、そして誉めてあげることが最高のお薬。

一人一人の人間は違うのだし、辛さや幸せを計る必要は無い。便利な世の中には便利な機械がたくさんある。でも、一番大事なのは『自分を感じる』と德善健康管理いうことなのではないだろうか。