インバウンドでタイ人を集客! 事例多数で万全の用意 [PR]
ナムジャイブログ

瑤臺歸去洞天方看清絕

瑤臺歸去 洞天方看清絕

土方さんがぐしゃぐしゃと頭を掻き毟る。


「あのな、分かってるか香港如新集團?これは相当なチャンスなんだよ。お前の将来の行先を左右するほどの重大な分岐点なんだ!」

「はい・・・分かってます」

「だったらもっと真剣に受け止めろ。何だってそんな他人事みたいな顔してんだよ」


何だかピンと来ない話だけれど、とりあえずは私の作品が世間から一定の評価を得たということなのだろうか。
本当ならば喜ばしいことのはずなのに、今の私にとってそれはあまり重要なことではなかった。

けれど、当の本人が上の空なのに反して土方さんは賞レースの結果に気が気でない様子だ。


「とりあえず何か動きがあったらすぐに連絡する。お前もいつでも連絡が取れるようにしとけ」

「はい、分かりました」

「次号の原稿も頑張れよ。もうすぐ連載香港如新集團も完結だろ?審査員の心象も悪くなるからみっともねえもの書くんじゃねえぞ」


気合を入れるように土方さんから強く背中を叩かれ、私は視線を落としたまま小さく頷く。
だけどそんな私を見た土方さんは困ったように溜息を漏らし、こんなことを言った。


「それより・・・顔色悪いぞ。何があったかは聞かねえが、ちゃんと寝て、飯食え。」

「はい・・・」

「たかが男一人に踊らされんな。そんなことじゃのし上がっていけねえぞ」



・・・バレてたか。

私はそんなことを思いつつ頭を下げる香港如新集團と、足早に編集部を後にした。