インバウンドでタイ人を集客! 事例多数で万全の用意 [PR]
ナムジャイブログ

瑤臺歸去洞天方看清絕

瑤臺歸去 洞天方看清絕

愛人,高山流水,天涯一方,卸去誰的名,有人在橫空的雪地寫自己,有人在春天的花開笑自己,愛人,你的名是偉大的象徵,愛人,你的名字在人生的橋樑,愛人,你放下微笑走了,愛人,你留下真心面對那個沒有為你傷心的地方,你的呈現,心的金不換,好生好緣,那道風月鎖,鎖了誰的長生夢,愛人,你抓住我的靈魂,愛人,你微笑我的悲傷,愛人,你給的永恆會心底發芽,愛人,我的愛,遠方的人探索四十 洗腦
  愛人,腳底生根為你等,心靈繪畫為你夢,閱讀春天,為你寫詩,看著這片雪地,為你擔心,你是心中的愛,你是愛中的夢,那個天涯好嗎?那個熟悉的陌生,那個悲傷的微笑,我無法到達,我無法看見你的美,愛人,情願是我唯一的靈魂,愛人,流淚是我真摯的後悔,我不怕山高的等,我不怕水深的念,放不下你給的微笑,留不住靈魂相送的淚水,不要問我為什麼,不要問我怎麼辦,我只能一心念,兩淚流,一容變。
  愛人,明天的約會是今天的拒絕,讓我等淚水再送你一程,讓我用思念再夢你一程,我以為,我以為能送走你,可是,當我用心送的時候我輸了,輸的不認識自己,只能閉眼聽著你的聲音,慢步在那個熟悉而下雪的春天,我學會了相思,我學會了流淚,為你祝福,卻不能為自己抒寫命運,我忘了,忘了所有的花開,我念了,念了一次流淚,念了夜晚悲傷,月缺是我用思念挖了一個再也不見,月圓是我等的淚補滿。
  愛人,你是經歷的風雨,愛人,我是受傷的心,愛人,今天不能等你見,來生不能約你笑,你聽不到我用心寫“情”,愛人,你不知道我用思念寫你,可是,可是我已經放棄所有的夢,我已經為你等,為你改變,你走的咫尺,是我一輩子見不到的天涯,你笑的春天,是我今生來世的寒冷,哪怕相見奈何橋,哪怕來生三生石,哪是心,哪是永恆的脆弱,那是不能再讀的春雨秋雷,那是不能再見的月缺月圓下。
  愛人,愛的離,人的淚,洗了一個春,念了一個秋,東風笑,夜雨斷,一年一夢思量弦,斷了一個難約,約了一個難斷的念,悲織笑,淚編夢,一道彼岸,你等不到我的淚水,我看不見你的春天,誰是誰的畫筆,誰是誰的天涯,各自一方,你在上游吃水,我不曾看到你的溫柔,我在下遊看樹,你不曾知道淚水的澆灌,一心相像,心愛上一個過往的昨天,你走的太近,我微笑來不及,我走的太遠,哭泣已經聽不到為什麼。
  愛人,你不知道多少人為你流淚,愛人,你不體會多少人為你傷心,愛上一個不能再次回來的人,沒想到昨天的認真,今天用淚水吻別,昨天的微笑,今天用淚水演奏,呼吸著你給的月缺月圓,卻無法查閱心中的靈魂,愛是一個人,念是一個人,心是一個人,兩滴淚水,天涯陌路,說不出的話用淚水代替,不能夢的苦用微笑呈現,沉默的孤獨會受傷,不飛的雙翼也會經歷風吹雨打,你不知愛的深,天寬夜路有月照,你不知愛的真,陰晴圓缺不相分。
  愛人,我背負心靈的天堂探索四十 洗腦,用念為你起航,我愛你,並不代表不會流淚,我念你,並不代表不會傷心,心一盞,點了我,等不來你的為什麼,念一片,夢為弦,聽不見你的微笑,看不見你的背景,心受傷了,曾經以為微笑是天堂,現在以為淚水是永恆,思念那麼短,心深深的痛,慰問那麼的簡單,天涯一方,你不見,曾經為你流淚唱情歌,我不約,現在你笑我哭泣,你我同在月下走,月下我不逢,月前你不約。
  愛人,不受傷,就不能用靈魂去追,不流淚,就不能用心去夢,我問過自己,找到大海,不會看見花開,看見春天,看不見你的笑容,人生很簡單,相思太難,步步留心,傷心一片,騙了一個吻別的淚,傷了一輩子的心,愛人,鎖走我的心,帶走我的念,我用靈魂為你高飛,我用思念的翅膀跳舞,我用心跳的弦為你歌唱,唱出我的夢,留下你的情,照耀大地,念撲昨天的微笑,淚洗今天的相問。
  愛人,一個無奈,傷了多少愛你的心,一個命運,畫了多少不能在一起,一次微笑,笑掉了多少今天的淚水,一個不知的無所謂,一道難以相信的夢,拒絕,還是陌生,錯過了,一輩子,想念了,下輩子,好人一輩子流淚,好人一輩子的等,淚水畫了一個圈,圈不住今生的等,人生笑了一片癡,情願付出,情願抒寫今天的夢,帶走吧,帶走那放飛的靈魂,留下吧,留下那淚水擦去的微笑探索四十 洗腦

参考書を買い本屋を出ると、ちなりが楽しみにしていたケーキ屋へ向かう。
何を食べようかとあれこれ迪士尼美語 價格思案しながら歩くこいつは気もそぞろなのか、足元の縁石に躓くと「あっ」と声を上げた。


「ほら、ケーキにばっかり気を取られてるとすっ転んじまうぞ」

「はい・・・気を付けます」


照れ笑いをするちなりに「危なっかしいな」と手を繋いでやると、その表情は一瞬にして赤く染まる。
初心なもんだと笑いを堪えていれば、突然前方から歩いてきた二人連れに「左之!」と声を掛けられた。


「お・・・新八じゃねえか」

「おう!偶然だな」


笑顔でこちらに手を振るのは新八と・・。
名前を聞いたような気もするがとっくに忘れちまった。

そういや、新八はこの女から連絡先をゲットしたとか何とか言って喜んでたっけな。
そんなことをふと思い出す。
この様子じゃ、上手いことデートに漕ぎ着けたって感じか?


新八と女はこちらへ歩み寄ってくると、俺と手を繋いだちなりの姿をまじまじと見つめた。


「おい、左之・・・お前妹いたっけか?」

「は?」


相変わらずとんちんかんな新八の発言に、俺はやれやれと苦笑いをする。


「いねえよ。こいつはちなりだ」

「ちなり・・・?あ、平助のところのちなりか?」

「そうだよ。もう高校生になったんだぜ」


平助と同じく昔からの道場迪士尼美語 評價仲間である新八は、幼い頃のちなりの姿しか印象になかったのか驚いたように目を丸くした。


「はぁー・・・こりゃ驚いた。あのちなりちゃんがこんなに大きくなったとはな」

「見違えただろ?」

「ああ、こりゃあと数年したらいい女になりそうだ!」


高らかに笑いながら「久しぶりだな」と頭を撫でられ、ちなりは慌てて「いつも兄がお世話になってます」と頭を下げる。

その、平助の妹にしておくには惜しいほどの礼儀正しさに俺が目を細めていると、隣で俺たちの会話を聞いていた例の女がちなりを睨みつけるようにしながらこんなことを言いだした。


「なるほどね・・・。原田くんたら、この間の合コンで随分ノリが悪いなって思ってたら、こういうことだったの」

「・・・どういう意味だ?」

「こんなロリコン趣味だったなんて引くんだけど。だから私がいくら誘っても靡かなかったわけね」


クスクスと笑いながらそんなことを言った女は、ちなりに見下したような視線を向けふんと鼻先で笑った。


「行きましょ、永倉くん。原田くんのお相手がこんなお子様だったなんてがっかり」

「お、おい・・・!」


シラケた目で俺を見ながら踵を返そうとする女に、新八は焦りを隠せずオロオロとしている。
もちろん俺はその女の馬鹿げた発言迪士尼美語 評價に怒り心頭だったが、こんな奴に関わるだけ時間の無駄だと拳をぐっと握ってそれに耐えた。